製品実例

选择保温材料时应选用导热系数

某平壁材料的导热系数

某平壁材料的导热系数

これまでパイプ加工のみでフランジ部を接合していた形状を一体でプレス加工することができコストダウンができます。
C1100にて加工板厚0.15mm公差レンジ0.02mmでの加工ができます。

导热薄膜材料

これまで切削で製作していたギヤなどの垂直度が必要な部品であってもシャービング加工等を用い、せん断面を最大80%にて確保することが可能で小物精密打ち抜きによるプレス加工が可能です。

PAGE TOP